サイニュ~最近の気になるニュース~

話題になったニュースについて紹介していきます

『教員不足問題が加速!福岡県で非常に深刻だが原因はどこにある?』へのコメント

  1. 名無しさん 2017/08/21(月) 22:17:31

    福岡は数年前から産休代替がいない、など、教員不足の状態なのに、対策を取ってこなかった。今に始まったことではなく、かなり前からわかっていたこと。
    時すでに遅しで、すでに負の連鎖にはまっている。人が足りないから、担任にすべてがのしかかる、休めない。批判もあるかもしれないが、発熱しても休めないときはマスクをして勤務する。こういう状況が常態化しているので、病休に入る教員が減らない、産休に入るのをためらうので、少子化に拍車がかかる。現役教員が不満を抱えながら教育に当たるので、児童にいいわけがない。今は、教員の自己犠牲の上に成り立っている事が多くある。その上、文科省は、英語だ道徳だと、すべてを学校でやれと簡単に言う。現場の話を聞いて、熟考されたのか。教員はスーパーマンでないとならないのか。

    担任は朝8時から子どもが下校する四時ごろまでほぼ立ちっぱなし、名目上の休み時間は、採点や生徒指導、午後の授業の準備に追われ、ほぼなし。トイレも気付けば一度も行っていないということもある。

    講師も担任になれば同じ時間、同じ仕事をする。なのに、正規と同じ金銭的評価はない。人を育てる仕事に正規も非正規も関係ない。労働にみあう給料を出すことが先決だと思う。

コメントを残す